製品を探す Search Product

卓上X線CTシステム
XSeeker 8000

島津製作所

高出力のX線発生装置と高解像度フラットパネル検出器を搭載した卓上型のX線CTシステムです。コンパクトでありながら、樹脂成型品やアルミダイカスト部品などの金属部品も鮮明に観察できます。製品開発、品質評価における詳細な観察から加工現場での検査まで、幅広いシーンでの用途に対応できます。

特長

● コンパクトでありながら高出力
160 kVの高出力X線発生装置を搭載し、X線透過しにくい肉厚な樹脂部品やアルミダイカスト部品をはじめとする金属部品の観察も可能です。同X線出力クラス最小・最軽量のため設置する場所を選びません。

● 上位モデルクラスの画質と機能
Φ100 mmの広い撮影視野と最大560万画素相当の入力解像度を両立するオフセット走査モードにより、高精細撮影を実現。また、CTデータのビューアーにはVR(3D)表示機能が標準搭載されており、断面表示機能と連携して、より直感的な観察が可能になります。

● 検査用途に最適化された操作性
観察開始までの工程はわずか3ステップ。初めての操作でもすぐにCT撮影を開始できます。また、検査用途での繰り返し撮影においては、撮影開始から見たい断面の観察までの工程を、ワンプッシュで完結できます。

● X線装置は、設置するにあたり、所轄の労働基準監督署へ設置届の提出が義務付けられています。
(独立行政法人以外の官庁関係への設置の場合は、人事院への届出が必要です。)

主な仕様

型名 XSeeker 8000
X線発生装置出力 160 kV 1.2 mA
X線検出器 フラットパネル検出器
最大入力解像度 約560万画素
搭載可能ワークサイズ,質量 SRD*1=475 mmの場合 : φ300 mm×H320 mm,10 kg(ワークセットジグ含む)
SRD=550 mmの場合 : φ150 mm×H320 mm,10 kg(ワークセットジグ含む)
撮影領域 SRD=475 mmの場合 : φ85 mm×H70 mm
SRD=550 mmの場合 : φ100 mm×H80 mm
空間分解能 100 µm(SRD=550 mmの場合)
撮影時間 12秒または5分
定格電力 : 本体 単相AC100~240 V ± 10 % 50/60 Hz 1.0 kVA
定格電力 : 制御コンピューター 単相AC100~240 V ± 10 % 50/60 Hz 1.0 kVA
定格電力 : 接地 D種接地(接地抵抗100 Ω以下)
質量 290 kg
環境条件(運転時) 周囲温度:10~30 ℃ 周囲湿度 45~80 % RH以下(結露がないこと)
外部漏えい線量 1 µSv/h以下

*1 SRD:Source to Rotation Center Distanceの略。X線源からワークの回転中心までの距離。

メーカー製品URL:
https://www.an.shimadzu.co.jp/products/non-destructive-testing/microfocus-x-ray-ct-system/xseeker-8000/index.html

情報提供元: 株式会社島津製作所

・本ページに記載されている内容は抜粋情報となっております。詳細はメーカーHP、製品カタログ等をご参照ください。
 また、製品・仕様は予告なく変更、製造中止となることがあります。
・当社営業エリア内の対応とさせていただきます。またエリア内であっても対応できない場合がございます。