取扱製品 Product

ティアックのひずみゲージ式ロードセル

ひずみゲージ式ロードセル(荷重変換器)は、力や重量などを電気信号へ変換するためのトランスデューサーです。ロードセルは、可動部がなく、機械的変位量も少ないため、構造がシンプルで、精度・応答性などに優れています。また、温度補償されたひずみゲージを用いているため、高い安定性が得られるなど、数々の優れた特性を備えています。

メーカー

ティアック/TEAC

特長

  • 高精度な測定が可能
    ロードセル受感部の検出素子に高精度なひずみゲージを使用。非直線性、ヒステリシス、繰返し性などの特性に優れており、高精度な計測を可能にします。
  • 密封構造による高い安定性
    ティアックのロードセルは、ほとんどが性能劣化を防ぐ密閉構造を採用しています。密閉構造は、経年劣化の原因となる、ひずみゲージの絶縁定価や各種補償抵抗の劣化を防止しますので、過酷な使用条件下においても色の性能を維持することが出来ます。
  • 幅広い使用温度範囲
    温度変化による感度の変化、零点変動(ドリフト)をきわめて低くおさえていますので、許容温度範囲の幅が広く、実用面においても有利な特性を備えています。
  • 長寿命
    ロードセル受感部には、十分に吟味された金属弾性体を採用しています。しかも、弾性限界に対して十分余裕を持った設計をしていますので、限界を超える過負荷が加えられない限り、性能はメンテナンスなしで維持できます。
  • 保守が簡単
    ティアックのロードセルにはメカニカルな可動部や摩耗部がないため、保守がきわめて容易で、現場計測や長期使用の際など、実用上たいへん便利な設計です。
  • 出力は電気信号
    ロードセルによって感知したデータは、電気信号として出力されます。したがって、データレコーダーなどでのデータ記録はもとより、遠隔の場における計測も自由自在。さまざまな制御用の検出器として用いることができますので、システムの省力化や安全性の向上が図れます。しかも、ロードセルは定格出力において2~3mV/Vの高出力信号を持っていますので、印加電圧を10Vとすると、定格値に対して20~30mVの出力が発生します。
  • TEDS対応
    ティアックのロードセルは順次TEDSに標準対応します。感度情報をロードセル内部のメモリーに記憶していますので、校正作業を効率的に行えます。
  • ロボットケーブル
    TEDS対応モデルは半導体製造装置や工作機械などの内部配線に使用されるロボットケーブルを採用(一部除外品有)。稼働部での使用に適応。耐屈折性、耐捻回性に優れ、被覆材料としてフッ素ポリマーを使用することで耐油性、耐薬品性等、耐環境性にも優れています。
  • カスタマイズやオリジナル製作
    標準品では対応が厳しい条件等(使用環境、スペース)が判明した場合は、標準品のカスタマイズをご提案しております。また、お客様のニーズに合わせた特殊設計のご要望や、お困りのことがござましたら、ぜひお話をお聞かせください。 一品ごとの試作対応から量産対応までのお手伝いをさせていただくことで、研究・開発から生産技術に携わる方々の一助になればと考えております。

《ロードセルの用途》

ロードセルの用途を一言で表せば「はかる」です。 さまざまなものを「はかる」ことを目的としていますが、「さまざまなもの」という漠然とした言い方しかできない、それほど多くの分野で必要とされているのが、ロードセルなのです。 また、はかる物質の付加価値や配合比の精度で、ロードセルの精度も比例し変わります。

ティアックは、ロードセルの製造販売を開始した1980年代から、独自の構造により高精度化、小型化を目指し、技術を培ってきました。その技術を活かし、高応答、高精度、高安定度を実現したロードセルや、環境保全に配慮した製品を数多く開発しています。さらに技術を積み重ね、新たな製品の開発や小ロットからの特別仕様品製作など、お客様にご満足いただける製品のご提供を目指しています。

《ティアックが得意とする分野》

お客様の用途に合わせた適切なロードセルをご提供しておりますが、その中でもティアックが得意としているのは、超小型低容量のロードセルです。 その小型、軽量、薄型を生かした例として、以下のような使用方法が挙げられます。 標準品は外形がφ10×高さ3mm~φ12×高さ4mmです。 超小型の他にも、結晶育成用引上げ機用ロードセル、小型ロードセルの高精度化など、独自の構造をベースに製品化を心がけております。

《TEDSシステムとは?》

TEDS(Transducer Electronic Data Sheet)システムとは、センサー固有の情報を電子的に読み書きするシステムで、 センサーに内蔵したEEPROMに記録し、この値を電子的に読み書きすることができるIEEEで規格化された記述フォーマットの総称です。 TEACのロードセル本体に内蔵されたメモリに下記を電子化し記録します。メモリーチップを内蔵させることで、 対応が難しい小型低容量のモデルにも対応しています。

センサーだけでなく指示計がその読み出しに対応することで、センサー固有の値を電子的に設定でき、記録された情報を 読み取り等価入力校正を自動化し、設定時のヒューマンエラーを排除、ロードセル交換時の負担を軽減することができます。

『ロードセル用指示計』 ティアックではお客様の用途に応じた指示計をご用意

ポータブルタイプながら高機能かつ低価格 > デジタル指示計 TD-01 Portable

毎秒4000回のサンプリングを DINサイズ > デジタル指示計 TD-700T

4.3型タッチパネルモニターを搭載 > カラーグラフィックデジタル指示計 TD-9000T

製品登録年月

2020-07

産業種別

  • 化学製品
  • 石油製品
  • プラ製品
  • ゴム製品
  • 製薬・医薬品
  • 金属製品
  • 機械
  • 電子・デバイス
  • 電気機械
  • 電気製品
  • 自動車
  • 鉄道・貨物
  • 測定・計測

測定項目または機能

  • 圧縮・引張

製品に関するお問い合せ、お見積のご依頼は
最寄の営業所までお願い致します。

お問い合わせはこちら
取扱製品トップに戻る