取扱製品 Product

パワーアナライザ(電力計) PW8001

持続可能な社会の実現に向けて進む技術革新、高効率化するエネルギー変換、電力変換効率を追求するすべての技術者へ、究極のパワーアナライザーPW8001

メーカー

日置電機/HIOKI

特長

<動画紹介>

<機能>

電力変換効率を追求するすべての技術者に 究極のパワーアナライザーを

世界最高クラスの測定確度

基本確度± 0.03%、DC 確度± 0.05%、50 kHz 確度 0.2% (U7005使用時)

電力変換効率の評価では、DC から高周波まで、各帯域の正確な電力測定が必要です。 PW8001 は、50 Hz/60 Hz だけでなく、DC や50 kHz など広い周波数帯域にわたって 優れた測定確度をもち、電力変換効率を正確に評価できます。


高速スイッチングによる電力変動を正確に捕捉

サンプリング18-bit、15 MHz (U7005使用時)
ノイズ耐性(CMRR) 110 dB/ 100 kHz (U7005使用時)

SiC やGaN を用いた電力変換器の評価では、高速スイッチングによる電力変動を正確に 把握するために、サンプリング性能とノイズ耐性が重要です。PW8001 は高いサンプリ ング性能とノイズ耐性で高速スイッチング波形を正確に捕捉します。


最適な計測システムを構築

8 チャネル電力測定

デュアルインバーター方式によるEV 駆動システムや、スマートハウスの 電力融通システムなど、エネルギーを有効活用するために多系統化が進んでいます。 PW8001 は、1 台で8 ch の電力を測定し、多系統化する機器を一括評価できます。


電流センサーとの高い親和性

電流のセンシングは、電力測定の確度と作業効率に大きく影響します。HIOKIは電流センサーを自社で設計開発し、パワーアナライザーとの親和性を高め、高度な電力測定を実現します。

すぐに測定を開始できる:
電流センサーへの電源供給とセンサー識別機能を標準装備

電流センサーへの電源供給と、スケーリングを自動で設定します。接続するだけで、すぐに測定を開始できます。

高周波・低力率な電力を正確に測定出来る:
電流センサーの自動位相補正機能 *1

高周波かつ低力率な電力を正確に測定するために、位相誤差の補正が重要です。PW8001は、電流センサーの位相特性を自動で取得し、0.001°分解能で補正します。電流センサーの性能を手間をかけずに引き出せます。

測定条件の記録:
電流センサーの情報を自動で取得 *1

電流センサーを接続するだけで、 電流センサーの形名やシリアルNo. を自動で取得します。測定データとともに測定条件の詳細を記録できます。

*1:自動位相補正機能を搭載した電流センサーとの組合せにおいて


HILS 開発から実機評価まで 多彩な電流センサとの組合せで広がる使用シーン

様々な測定シーンに応じたラインナップから、 最適な電流センサーを選択し、測定できます。

高確度貫通タイプ

確度と帯域と安定性を究めた貫通タイプ。 最大10 MHz の広帯域測定や最大2000 A の大電流測定により、最先端の研究開発で活躍します。

高確度クランプタイプ

素早く簡単に結線できるクランプタイプ。 優れた環境性能により、HILS 開発から実機評価まで幅広く活躍します。

高確度 直結タイプ

独自開発のDCCT 方式により、50 A直結タイプで世界最高クラスの確度と帯域を実現します。


電気自動車に向けた計測ソリューション

4 モーターを同時に解析 *2

4 つのトルクと4 つの回転数を同時測定し、4 モーターを1 台で解析できます。 電動AWD など、複数のモーターで各車輪を制御するシステムの評価に大変有効です。

*2:モーター解析機能搭載機のみ


PMSM のオンラインパラメーター測定 *2

電気角測定機能

永久磁石同期電動機(PMSM)の緻密な制御には、実稼働状態でその特性を把握する必要があります。 電気角測定機能は、dq 座標系におけるベクトル制御に必要な電圧・電流の進角測定ができます。 測定した電気角からLd、Lq を算出し、実稼働状態のモーターパラメーターを把握できます。

*2:モーター解析機能搭載機のみ


トルク計の測定誤差を補正

トルクメーター補正機能 *2

トルク計の測定誤差は、モーター解析に大きく影響します。PW8001は、「非直線性補正」と「摩擦補正」をユーザー定義し、補正テーブルによる演算を実行できます。

従来の高効率モーター評価システムは、パソコンでトルク計の測定誤差を補正し、演算したモーターパワーとパワーアナライザーで測定したモーターへの入力電力から効率を測定します。この測定方法では、モーターの入力と出力で測定のタイミングがずれ、素早く安定した効率測定ができません。トルクメーター補正機能により、モーター効率測定がPW8001で完結します。厳密に同時刻でモーターの入力と出力を測定し、素早く、安定して、正確に効率を測定できます。

*2: モーター解析機能搭載機のみ


測定データをCAN ネットワークに統合*3

CAN/CAN FD 出力機能 Ver 2.00

測定データをCAN/CAN FD 信号としてCAN バス上にリアルタイムに出力し、ECU のデータと併せて記録できます。 時間のズレや確度劣化なくデータを一元化し、総合的な評価を実現できます。

 *3: CAN/CAN FD 出力機能搭載機のみ


アナログ信号、CAN 信号、電力変動を同時系列で観測*3

メモリハイロガーLR8450、CAN ユニットU8555/LR8535 との連携

車体のCAN/CAN FD 信号、温度・振動などのアナログ信号とPW8001 で測定した電力データを同じ時系列に記録し、 長期で観測できます。車体の状態と電力変動から複合的に評価できます。

 *3: CAN/CAN FD 出力機能搭載機のみ


高電圧化するパワーコンディショナーを安全に評価

DC1500 V CAT II/ DC1000 V CAT III (U7001使用時)

再生可能エネルギーの発電システムは、設備の構築コストや送電ロスを削減するために、高圧化しています。発電システムの評価で は、高電圧測定に対応した測定器が必要です。PW8001 の入力ユニットU7001 は、高電圧を直接入力して安全に測定できる、 DC 1500 V CAT Ⅱ / DC 1000 V CAT Ⅲ *4 に対応しています。また、パワーコンディショナー評価に必要な「効率」「損失」 「基本波無効電力Qfnd」「DC リプル率」「三相不平衡率」などのパラメーターを同時に表示でき、効率的に評価できます。

*4: DC 1500 V CAT Ⅱ / 1000V CAT Ⅲに対応した電圧コードL1025 もご用意しています。


リアクトルで発生する電力損失の解析

高周波、低力率な電力の高確度測定

電力変換効率の改善において、リアクトルの電力損失の把握が重要です。リアクトルは低損失であるほど力率が低下し、正確な測定 が難しくなります。U7005 の優れた高周波特性・耐ノイズ性能は、高周波で低力率なリアクトルの電力損失解析に大変有効です。

<ラインナップ・価格>

型式 モーター解析 波形 D/A 出力 CAN/CAN FD
インターフェイス
光リンク
インターフェイス
希望小売価格
(税抜)
PW8001-01 ¥800,000
PW8001-02 ¥1,000,000
PW8001-03 ¥1,030,000
PW8001-04 ¥900,000
PW8001-05 ¥1,100,000
PW8001-06 ¥1,130,000
PW8001-11 ¥1,030,000
PW8001-12 ¥1,230,000
PW8001-13 ¥1,260,000
PW8001-14 ¥1,130,000
PW8001-15 ¥1,330,000
PW8001-16 ¥1,360,000
*PW8001-03、-04、-05、-06、-13、-14、-15、-16: Ver2.00バージョンアップと同時に発売予定

仕様

名称 型式 パワーアナライザ PW8001
ユニット型式 U7001 U7005
測定ライン 単相2線、単相3線、三相3線、三相4線
入力ユニット数 最大8ユニット (ユニット混在可能)
入力ユニット種類 2.5 MS/s 入力ユニット 15 MS/s 入力ユニット
測定周波数帯域 DC、0.1 Hz 〜1 MHz DC、0.1 Hz 〜5 MHz
サンプリング性能 2.5 MHz、16-bit 15 MHz、18-bit
データ更新レート 10 ms、50 ms、200 ms
電力確度 50 Hz/60 Hz 0.02% of reading + 0.05% of range 0.01% of reading + 0.02% of range
DC 0.02% of reading + 0.05% of range 0.02% + 0.03% of reading of range
50 kHz 0.4% of reading + 0.1% of range 0.15% of reading + 0.05% of range
測定レンジ 電圧: 6 V/ 15 V/ 30 V/ 60 V/ 150 V/ 300 V/ 600 V/ 1500 V
電流: (Probe1) 100 mA〜2 kA、(Probe2) 100 mA〜50 kA
※ 使用する電流センサーによりレンジ構成が変わる、Probe2はU7001のみ
測定項目

電圧 (U)、電流 (I)、有効電力 (P)、皮相電力 (S)、無効電力 (Q)、力率 (λ)、位相角 (φ)、
電圧周波数( fU)、電流周波数( fI)、効率 (η)、損失 (Loss)、電圧リプル率 (Urf)、
電流リプル率 (Irf)、電流積算 (Ih)、電力積算 (WP)、電圧ピーク (Upk)、電流ピーク (Ipk)

高調波測定: 最大解析次数500次、
波形記録:記録容量5Mワード × ( (電圧/電流) ) × ch数 + モータ波形)
モーター解析(オプション):電圧、トルク、回転数、周波数、すべり、モータパワー
FFT解析*、フリッカ測定*(*Ver 2.00で対応予定)

機能 演算機能( 効率・損失 、ユーザー定義*,デルタ変換、電流センサー自動位相補正)
(*Ver 2.00で対応予定)
インターフェース USBメモリ、LAN、GP-IB、RS-232C、外部制御、
光リンクインターフェイス*、BNC同期*、CAN/CAN FD*(*Ver 2.00で対応予定)
電源 AC 100 V〜240 V、50 Hz/60 Hz、230 VA
寸法・質量 約430 W × 221 H × 361 D mm、約14kg
付属品 電源コード ×1、使用上の注意 ×1 、取扱説明書 ×1、GENNECT One (PCアプリ) CD ×1、
D-sub25ピン用コネクター ×1 (PW8001-02、-05、-12、-15のみ)

注釈
このページに記載されている製品・仕様・価格は改良等のため予告無く変更、あるいは製品製造を中止する事があります。ご購入に際しましては販売価格も含め改めて最新情報を弊社営業よりご確認下さい。

製品登録年月

2021-12

販売開始年月

[U7001]2021-12、[U7005]2022-01

産業種別

  • 航空・宇宙開発
  • 新エネルギー
  • 電子・デバイス
  • 電気製品
  • 自動車
  • 鉄道・貨物

測定項目または機能

  • 電力

製品に関するお問い合せ、お見積のご依頼は
最寄の営業所までお願い致します。

お問い合わせはこちら
取扱製品トップに戻る