インバータ・モータ・ECUの計測と適合

パワーコントロールユニット(PCU)の最適化適合作業をすばやく実施

はじめに

電気自動車(EV)でつかわれるインバータの小型化・軽量化開発は、車体の小型化・軽量化につながる重要なテーマの一つです。スイッチング周波数の高周波化は、インバータに使われる受動デバイス部品の小型化・ON抵抗の低減による低電力損失などが期待できます。開発者は、低電力損失デバイスを使用したインバータ・モータシステムを適切に測定することが必要になります。

日置電機は、電気技師に愛される安全性と信頼性に加え、高精度な計測技術による現状把握と分析を提案する企業です。今回は、その中から「パワーアナライザと診断ツールを使ったインバータ・モータ・ECUの計測と適合」をご紹介します。

 

アプリケーション内容

パワーアナライザPW6001と計測・適合・診断ツールINCA のリンク機能により、パワーコントロールユニット(PCU) の電力計測・適合作業をすばやく実施できます。また、CAN バスデータやECU のRAM 値も同時にモニタリングできます。
従来はパワーアナライザのデータとECUのデータが別々に保存されてしまうため、測定後に時間軸を調整しデータをマージする必要がありました。本パッケージを使用することで、計測・適合・診断ツールINCA(ETAS社製)に測定値を集約しそれぞれのデータを1つの計測データにまとめることが可能となります。 モータ・インバータ制御ECUによる制御パラメータと、ECUによって制御されたモータの物理現象(回転・トルク・電力出力や効率など)を同時に計測可能です。また、実ECUがなくともモデルを用いて制御ロジックを評価できる環境を構築することも可能です。

パワーアナライザPW6001の紹介 3分55秒

<INCAの主な特徴>

- 動作中にも制御パラメータ書き換え可能
- 複数の計測システム・バスのデータを1 つに集約
- マイコンRAM を高速/ 大量にモニタリング

この記事のまとめ

インバータ・モータ・ECUの計測と適合.pdf

 

この記事に関する参考資料

パワーアナライザ PW6001(J13-16B).pdf

ENDOちょっとお邪魔します

この記事に関連する製品情報